乳酸菌の保湿効果 乾燥肌とはサヨナラ

MENU

乳酸菌の保湿効果 乾燥肌とはサヨナラ

昨日まで不可能だった事を今日可能にする、それが科学ですね。科学の進歩は驚くことばかりです。ここ近年発見、開発されている乳酸菌も、これまでにない特徴を持ち、腸内改善だけではなく、お肌や精神面に良い影響をもたらしてくれる事が実証されています。不思議な驚きは、腸とお肌に大きなつながりがあって、いい状態の腸は、私たちに健康だけでなく、バランスのとれた美しさももたらしてくれることです。そこで、今回は乳酸菌の保湿効果や肌の状態と腸内環境の係わりについてお話します。

 

 

肌の機能アップを手助けする乳酸菌

 

近年発見されて、開発された肌に嬉しい機能を発揮してくれる乳酸菌やビフィズス菌がいろいろあるので、一部をご紹介しましょう。

 

SLB88乳酸菌

大麦から生まれた植物性乳酸菌なので、腸内の厳しい環境にも強く生き残れ、腸内環境を良くしてくれます。さらに、いくつもの素晴らしい仕組みを持っている乳酸菌で、その一つが肌の水分を保つ効果なのです。

 

ビフィズス菌JBL05株

人の腸官から発見された菌です。このビフィズス菌は腸内環境を整え、さらにヒアルロン酸と同じくらいの保湿効果を期待できます。

 

明治ブルガリアヨーグルトLB81

含まれているLB81乳酸菌は、お腹にもよく働き、尚かつ肌の保湿、決め、弾力性を改善するのに役立ってくれます。

 

コラーゲンペプチドとミルクセラミドを加えた乳酸菌入りヨーグルト

腸内環境を整えながら肌機能を改善してくれます。

 

 

良い腸内環境を作って肌の保湿効果を上げる

 

腸内環境が悪いと、悪玉菌が活躍してしまいます。悪玉菌が優勢の時、腸内の腐敗が進むので、大腸菌やブドウ球菌、フェノール類(肝臓や腎臓、肌に悪い影響を及ぼす物質)が作り出され、腸から吸収されて体のあちこちへ入ってしまいます。

 

ですから、腸内環境を改善してお腹の中で善玉菌が強い状態にしてあげると、悪玉菌は弱くなり、悪い物質を作り出せなくなります。腸内が良い環境になれば、腸から効率よく栄養分が吸収されてゆくので、、肌荒れや乾燥肌、敏感肌といったトラブル状態から解放されるのです。

 

 

腸内環境を美しくして、トラブルのない肌を目指す

 

乳酸菌が腸内環境を良くしながら、さらにお肌の機能も高めてくれることが分かりました。ところで保湿効果を期待できる優秀な乳酸菌だけを毎日食べれば、お肌の保湿はパーフェクトといえるのでしょうか?

 

出来るなら、効果は早く、確実に得たいですね。
そこで次の5つのポイントを意識して良い結果を手に入れましょう!

 

1:食事に注意
(季節の野菜や果物、根菜類、海藻類をバランスよく取る。お肉、脂っこいものは減らす)
2:お陽様に当たる、体を動かす
3:ストレスを発散させる(心と腸に負担をかけない為に)
4:乳酸菌やビフィズス菌は毎日食べて補う
5:水分の補給(寝起き、食事中、カフェインの入っていない水分の補給)

 

 

まとめ

 

科学の進歩は素晴らしいです。
長い間、乾燥肌といえば皮膚の表面を主体に改善を行ってきましたが、保湿効果の高い乳酸菌の発見のおかげで、おなかの中からも皮膚の機能を高められるようになりました。乳酸菌を食べて、おなかの中からきれいにし、ずっと悩まされてきた乾燥肌にも、もうすぐさよならできますね。

関連ページ

歳とともに乾燥肌に・・・それは腸内が影響しているかも
ニキビ、吹き出物。20代後半からのお肌の曲がり角。乳酸菌Uターンしてみませんか?
乳酸菌の保湿効果 30代から気をつけたいこと
ニキビ、吹き出物。20代後半からのお肌の曲がり角。乳酸菌Uターンしてみませんか?
腸内環境と肌の潤い。実はかなり関係があった
ニキビ、吹き出物。20代後半からのお肌の曲がり角。乳酸菌Uターンしてみませんか?
便秘もちの方は乾燥肌が多いって本当?腸と肌の水分
ニキビ、吹き出物。20代後半からのお肌の曲がり角。乳酸菌Uターンしてみませんか?